ままさいと特集




第2章 実際の計算その1
〜青色申告書または収支内訳書の作成〜


2.実際の計算

●実際の計算その1(青色申告書または収支内訳書の作成)

1.収入とは?
収入とは、1年間の売上のことをいいます。1月から12月までに仕事が完了し、納品完了したものが売上になりますので入金済みかどうかは問いません。例えば12月中に納品し、請求書発行や入金が年明けの売上については20年中の売上となるので注意が必要です。

2.経費とは?
経費とは、1年間の売上を得るために使った費用をいいます。経費も売上同様、支出済みかどうかは問いません。

具体的な費用は、その業種によって異なります。例えば、移動のための交通費などは業種を問いませんが、フリーライターの取材費などは、その業種独特なものといえます。
つまり、仕事に関連した経費を計上するのです。

また、自宅を事務所としている場合には、その使用割合に応じて支払い家賃が一部経費にすることができます。具体的には全体が100屬濃纏用の部屋20屬任△訃豺腓砲浪板造20%が経費になります。この計算を「按分」といいます。同様に光熱費や事業兼用の自動車およびそのガソリン代なども按分することができます。この按分の割合は説明可能な割合であることが必要です。

それと、よくご質問を受けるのは「これは○○費なのですか?」ということです。これはある程度は決まりのあるものの、明確な決まりはありません。例えば、文房具について「事務用品費」でも「消耗品費」でもどちらでもかまわない、ということです。もちろん「旅費交通費」にはなりませんが、それは迷わないですよね。また、業種独特の経費については独自に「○○費」と名称を作ってもかまいません。青色申告決算書・収支内訳書には良く使用される名称についてはすでに印字されています。一部の会計ソフトには経費内容ごとに自動に割り当てられる機能もあります。それらを参考にしてみてください。
-------------------------------------------------
* 佐藤亜津子税理士事務所ホームページ
* フリーランス&個人事業主のための「確定申告」 改訂新版 (図解はじめて)

ページトップへ▲


女性起業家インタビュー

  • 第3回
    リフレクソロジスト・店舗運営 音上さん
  • 第2回
    カシミヤ製品のECショップ運営 矢野さん
  • 第1回
    育児補助用品の開発・製造販売 大杉さん

一覧を見る

在宅を愉しむ

子育ても仕事も。そんなあなたにおススメします♪

【ママお助け】

【腰痛対策】